<< カスな小売店に未来はない*prev
テレビなんかこんなもんよ >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

ひとりのイラストレーターが逝ったようです


なんの画像かというと、イラストの小道具の元ネタは google でひろってきた画像ですよって画像。
なんかコラージュ系のアートっぽくてワタシは「いいじゃん」とか思っちゃうんですけど。
でも、ネットではパクリだ!トレスだ!コピペだ!と叩かれて作者は無期限活動休止を宣言するところにまで追いつめられちゃったみたいです。

【ガガガ文庫】轟そら【写真加工パク】 まとめwiki

「若い人達は著作権に対して案外潔癖なのかな?」と思ったのですが、ぜんぜんそうでもないようでw かなり感情的に叩いてる。

ワタシもいちおうクリエーター系ですがここまで潔癖にやられるとさすがに辛いですねw
企画を考えるのにいろんな映像を見るところから始めます。
映画とかCMとか映像作家の作品集とかね。ようはパクリです。イッチャッタヨw

じゃあ、いちからものを作るってどういうことなんでしょうか。
スタッフ「衣装はどうしましょう?」
カントク「今一番いけてるブランドで」
スタッフ「○○系ですね」
カントク「それでGo!」
これも一種のパクリかもしれません。
でも、自分に服飾デザインセンスがあるならそれで食っていきますよw


著作権的にグレーな部分というのは存在しますよね。
おとがめなければオッケーみたいな。
だからこそパロディなんて分野が成立するわけだし。
マンガとかかなり実在の商品が出てくるじゃないですか?
いちいちそこにイチャモンつけないオトナの感覚があります。
で、サブカルのひと達はうまいことグレー部分の拡大にがんばるかと思いきや、
潔癖方向に突っ走って自滅全滅への道を走ってるな。って印象が今回の事件。

10年くらい前にポケモン同人誌事件というのがあったんですが覚えてます?
ポケモンのキャラクターでエロ同人やって作者が逮捕された事件です。
最終的には任天堂が被害届を取り下げました。
オトナだからです。

キャラクターの2次創作に厳しいディズニーに関しては誰もパロディやエロ同人を作りません。
み〜んな実は本来それが悪いことだと分かってるんです。
怒られることはしないけど怒られないならやってまえw的な。

個人的には、既存のキャラをもってきてエロマンガに仕立てるひと達より、
轟そら氏の小物トレスの方がクリエイティブだとおもうんですけども。
実際、人物に関しては氏を糾弾する偏執的なひと達もパクリ元を見つけられないようです。

最初のイラストを見たとき実はゴッホの「タンギー爺さん」を思い出しました。

背景は浮世絵のトレスなんですよw

このブログ記事も無断で画像を使用していますけど、叩かないでねww
グレーな領域を大事にしていただきたい。





author: な〜べ
ネット界隈 | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






 
Admin: Login
RSS: RSS1.0, Atom0.3